[ 内藤 由樹 / Yuki Naito ]

 
 

 
 


[ 略歴 ]

1987年大阪生まれ。日本でフォトグラファーとして6年活動した後、
海外で写真を学ぼうと日本を離れヨーロッパ・アメリカを旅する。
2014年 スペイン人写真キュレーター Alejandro Castelloteの知遇を得て
南米ペルー・リマにある写真センターcentro de la imagenでビジュアルアート
のマスタークラスを受講、2015年 master digreeを取得。
現在はリマを始めメキシコ等、ラテンアメリカを中心に活動している。

受賞歴
2013 キヤノン写真新世紀佳作 佐内正史選
      キヤノンフォトグラファーズセッションファイナリスト

主な展示
2015 “tiera de piel” Sala Luis Miro Quesada, Lima Peru
      “ territorial” centro de la imagen, Lima Peru
2013 “ キヤノン写真新世紀展 ” 東京都写真美術館 , Osaka Art Coat Gallery
      “ キヤノンフォトグラファーズセッションファイナリスト展 ” キヤノン品川
      “being” TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY

写真集
2013 “being” TIP BOOKS

http://yuki-naito.tumblr.com/

−this is/isn’t mine/yours−

ひとつの出来事は、いま ここ 私に対して 現れているものが全てではなく、
それ以外のいつか どこか 誰かの前に(または誰もいなくても) 繰り返し現れ/消え続けています。
ある日、メキシコの道ばたで犬を見ました。その数ヶ月前、タイでも犬を見ました。
そのしばらく後、NYで、スペインで、パリでも、犬を見ました。今日も見るかもしれません。
また、あなたも今日、ここに来るまで/ここから帰るとき、犬を見るということはあり得ます。
“犬を見る”という出来事はばらばらの時、ばらばらの場所に存在し、べつべつの主体によって経験されています。
現在自分の目の前にそれが現れているからといって、その経験の持ち主が自分であるとは言い切れない。
ある出来事は、個人の記憶の中ではなく、ひとひとりが持ち得る領域を超えて、私たちというものに支えられている概念の中に存在します。

ここにあるものは、私の前に現れたイメージですが、これらはあなたの 過去/未来/今日 にも現れ得ます。
これらは私のものであると同じように私以外の誰かのものでもあり得ます。
私はここで、私達が、他人の経験した出来事を共有することの可能性/不可能性について確かめたいのです。


Copyright © 2012- Nii Fine Arts, 2-3-9 B1 Koraibashi, Chuo-ku, Osaka 541-0043, JAPAN